大会を通じて成長を続けた駿河総合の左腕渡辺が、意地を見せた。連戦の疲れもあり、調子はあまり良くなかったが「駿河総合は打のチーム。だからこそ自分がどれだけ抑えられるかが鍵」とエースの自覚で投げ抜いた。
 伸びのある直球で、六回までテンポよく静岡打線を1安打に抑えた。七回に連続安打を浴び、失点した場面は「このまま0点でいくわけないと思っていたので想定内」としながら「もうちょっと厳しく攻められれば…」と唇をかんだ。
 七回1死一、二塁のピンチでマウンドを森祐に託し、一塁の守備についた。再登板も頭に置きながら、最後まで勝利を諦めなかった。
 巧みな制...    
<記事全文を読む>