高校野球の第101回全国選手権徳島大会第12日は29日、鳴門オロナミンC球場で準決勝2試合が行われ、第1試合は第1シードの富岡西が8-0で池田に七回コールド勝ちして決勝に進んだ。

 富岡西は三回に4点を先制すると、七回には打者9人の猛攻で4点を奪い、試合を決めた。投げては右腕エースの浮橋が池田の反撃を許さず、無失点で7回を投げ切った。

...    
<記事全文を読む>