第101回全国高校野球選手権栃木大会最終日は28日、清原球場で決勝を行い、作新が6-2で文星付に勝利。夏の県大会の連勝記録を53に伸ばし、9連覇を達成した。

 作新は初回、死球で出塁した1番横山陽樹(よこやまはるき)が二盗後、捕手からの送球がそれる間にホームを陥れ先制点を奪取。二回は林勇成(はやしゆうせい)、三回は大河内陸斗(おおこうちりくと)の適時打で追加点を挙げ、その後も石井巧(いしいたくみ)、福田真夢(ふくだまなむ)の適時打で突き放した。守っては林勇、三宅悠弥(みやけゆうや)が安定感のある投球で2失点に抑えた。

 文星付は先発の佐藤駿多(さとうしゅんた)が3回途中3失点...    
<記事全文を読む>