6年ぶりの頂点にあと一歩及ばなかった。ただ春までの公式戦では上位に進めなかったチームが、決勝まで駒を進めた。渡辺正雄監督は「選手たちがよく成長した」とたたえた。
 2点を追う五回、下位打線が意地を見せた。1死から8番の渡辺温人(2年)が左越え二塁打で出塁。続く岩崎竜也(同)は「ここで点を奪えないと、このまま相手に流れがいってしまう」と打席へ。粘って10球目の直球を左前に運び、1点を返した。
 その後、リードを広げられ迎えた最終回。1死から3年生コンビが意地を見せた。岩尾大輝が四球、豊田和也は中前打でつなげた。だが後続が倒れ、甲子園出場の夢は消えた。
 試合...    
<記事全文を読む>