第百一回全国高校野球選手権愛知大会は二十八日、岡崎市民球場で準決勝二試合があり、誉が中京大中京に5-4で競り勝った。桜丘は、延長十二回に至学館に5-4でサヨナラ勝ちした。誉と桜丘は、いずれも夏の決勝進出は初めて。中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄の「私学四強」がいずれも決勝に進めなかったのは、二〇〇一年以来となる。決勝は、同球場で午前十時に開始される。

...    
<記事全文を読む>