鮮やかな逆転劇だった。駿河総合は初回、島田商にリードを許した。だが、相手の主戦小林の低めのスライダーを見逃すことを徹底。1死二、三塁から4番渡辺が左前に2点適時打を放ってひっくり返し、その後も連続四球とボールを見極めて走者をためた。狙い球を打ち返し、打者一巡の猛攻で5点を挙げた。
 「ボールが先行したので絞りやすかった」と渡辺。4安打2打点の5番坂口は「早めに小林をマウンドから降ろしたかった」と昨夏準V右腕を攻略し、勝利につなげた。
 14安打7得点。3試合連続2桁安打と打線が好調だ。望月監督は「バットを振らなかったら魅力のないチームだが、チャンスにスクイズ失敗や併...    
<記事全文を読む>