ほっともっとフィールド神戸で行われた全国高校野球兵庫大会の準決勝、神戸国際大付対育英は、7-0で神戸国際大付が7回コールド勝ちし、決勝に進んだ。

神戸国際大付は2回、二死二塁から9番松本凌人のレフト三塁打で1点を先制。さらに1番松浦隆己のツーランホームランで2点を加えた。3点リードの4回には7番笠松拓真のソロホームランで1点を加えた。

育英は6回、真栄田琉稀のセカンド内野安打、1塁ランナー盗塁成功などで一死一、三塁のチャンスをつくったほか、2回、5回、7回にも得点圏に走者を進めたが、無得点に終わった。

...    
<記事全文を読む>