「抑えようという気持ちが出過ぎてしまった」。県相模原の天池は、わずかな心の隙が力みに直結した。

 2点を返した直後の八回に、四球を挟んで4連打を浴びてあっという間の4失点。「ごまかしが効かない。甘い球を全部痛打してきた。甲子園常連のチームはさすが」。疲れを言い訳にしなかった。

 今大会で初めて苦手の先発を託された。六回までは2本塁打があったとはいえ、内角を攻めて「打ち気をそらせた」とは捕手風間。シンカーやフォークボールも織り交ぜ、細身の体でパワーヒッターに立ち向かった。

 応援席にはこの夏対戦した公立校の選手たちの姿もあった。準々...    
<記事全文を読む>