六回に追い付き、5点を勝ち越されても八回に2点差に迫り、最終回には長打が出れば…という場面まで演出した。粘りを見せた一方で、桐光学園の野呂雅之監督(58)はこう語った。

 「流れが一回もうちに来る感じがしなかった」

 守っては三回に適時失策。打っては五回まで三塁すら踏めない。もがいて試合を動かそうとしたのが、俊足の6番直井だ。二、五回と粘って四球を選び、盗塁を試みた。「相手ペースが続いていたので、何とか自分から変えようと」。しかし、いずれも憤死した。

 ライナーで走者が飛び出した併殺や、犠打失敗。最後は九回2死一、二...    
<記事全文を読む>