高校野球宮城大会第13日は27日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で準決勝2試合があり、仙台育英と東北が決勝に進んだ。
 東北は4-2で柴田を退けた。二回に斎藤の適時三塁打などで2点を先取。六回は西田に一発が出て、最後まで柴田に主導権を渡さなかった。
 仙台育英-東北の決勝は28日、同球場で午後1時から行われる。

 ▽準決勝
東北020001010=4
柴田010001000=2

 【評】東北が逃げ切った。二回に斎藤の適時三塁打などで2点を先取。六回は西田のソロ本塁打で突き放した。柴田は東北を上回る1...    
<記事全文を読む>