第101回全国高校野球選手権和歌山大会(紀三井寺球場)は26日、準々決勝第2試合で南部が春の選抜8強の市和歌山を4―3で破った。南部のベスト4進出は6年ぶり21回目。
【26日】

●第2試合(準々決勝)
南部
 001 200 001―4
 101 000 010―3
市和歌山

 〔南〕鎌倉海、三木、周家―鎌倉航、玉置〔市〕奴田、柏山、岩本、小園―米田▽二塁打=周家、小竹、三上(南)、下井田(市)

 南部は1―2で迎えた4回、安打の安井を一塁に置き、続く周家の左中間二塁打...    
<記事全文を読む>