第101回全国高校野球選手権栃木大会第10日は27日、清原球場で準決勝2試合を行い、文星付と作新が決勝に駒を進めた。

 文星付は青藍泰斗に7-6で逆転勝ちし、12年ぶり16回目の決勝進出を果たした。二回に4点を先制されたが、四回までに同点に追い付き、八回に3点を勝ち越した。終盤は青藍泰斗の粘りに苦しんだが、1点差で逃げ切った。

 

 作新は7-4で宇商に逆転勝ちし、11年連続25回目の決勝進出。五回に2-3と逆転を許し、同点に追い付いた直後の六回も1点を勝ち越されたが、七回に2点を奪い再逆転に成功。八回も2点を奪い突き放した。

 決勝は28日午前10時...    
<記事全文を読む>