オイスカの進撃がストップした。最終回に4点差をひっくり返した2回戦に続いてこの日も終盤の粘りを披露したが、あと一歩届かず。「スマイルベースボール」を掲げてきたナインの涙が止まらない。
 序盤から点差を広げられたが、ベンチでは最後まで「ミラクルを起こすぞ」と声を掛け合っていたという。3点を追う七回、3安打で満塁の好機をつくり、山口の適時打などで同点に。再び突き放されても諦めず、最終回に久保山が2点適時打を放った。
 甲子園には届かなかったが、これまで夏1勝止まりだったチームが8強入りでつかんだ自信は大きい。先発高橋と4番鈴木祥は2年生。永井監督は「最後まであきらめない...    
<記事全文を読む>