島田商が9安打8打点と効率良く加点を続け、準決勝へと駒を進めた。失点しても好機を逃さず点を重ね、快進撃を続けるオイスカの追撃をかわした。
 七回に同点に追いつかれるまでリードを守った島田商。それでもチームに対し、池田監督は「ひたむきなプレーができていない」と一喝した。フライやゴロで全力疾走が見られなかったからだ。この言葉で選手も気持ちを入れ直した。七回に3失点し同点で降板した先発太田、死球を与え交代した斎藤の後を任された小林主将は「自身もそれまで気の抜けたプレーをしていた」と反省し、気を引き締めてマウンドに上がった。小林は九回に2失点するもオイスカ打線の反撃を抑えた。
<記事全文を読む>