大津市の皇子山球場で二十六日にあった第百一回全国高校野球選手権滋賀大会。四十九チームの頂点に立ったのは、二年連続十四回目の甲子園出場を果たした実力校の近江だった。春の近畿大会を十六年ぶりに制した実力を、存分に発揮。第一シードとしてトーナメントを危なげなく進み、決勝では、ノーシードから勝ち上がって勢いに乗る光泉を、息詰まる投手戦の末に退けた。八月六日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する全国選手権では、8強入りした昨年の旋風を再び巻き起こす。

◆悔しさ糧に重ねた努力 完封の林投手

 大きな重圧があった。近江の林優樹投手(三年)...    
<記事全文を読む>