第101回全国高校野球選手権千葉大会は25日、習志野が8年ぶり9度目の夏の甲子園出場を決め幕を閉じた。令和最初の夏を振り返る。

 習志野は春の選抜大会で準優勝し、重圧が掛かる中で勝ち進んだ。目立ったのは立ち上がりの強さ。準々決勝までじゃんけんで連敗し理想の先攻後攻が取れなかったが、決勝など5試合で一回に得点し主導権を握った。

 近年習志野は1点差などの惜敗を繰り返した。今春関東大会で喫した大敗が伏線となり、自分たちの武器を再確認。2死となってもカウントが追い込まれても、誰もが簡単に倒れることがなかった。相手の球数を増やし自分たちの攻撃時間を長くする取り組みが、隙...    
<記事全文を読む>