25日に盛岡市で行われた全国高校野球選手権岩手大会の決勝で、プロ注目の大船渡・佐々木朗希投手が連投による故障を回避するため登板せず、同校は敗退した。このケースを青森県の野球関係者も複雑な思いで見つめていた。

...    
<記事全文を読む>