高校野球の第101回全国選手権徳島大会第9日は25日、鳴門オロナミンC球場で2回戦4試合が行われ、ベスト8が出そろった。第1試合は第3シードの徳島北が3―2で小松島に、第2試合は鳴門が4―2で徳島科技にそれぞれ競り勝った。第3試合は第4シードの池田が9―2で城東にコールド勝ちした。第4試合は川島が4―2で生光学園を下した。大会第10日の26日は午前9時半から、同球場で準々決勝2試合が行われる。

 徳島北、九回決勝点 小松島、終盤力尽きる

 

 [評]徳島北が接戦を制した。同点の九回、青山の右前打と柏木の送りバントで1死二塁とし、蔭の右越え三塁打で勝ち越し...    
<記事全文を読む>