第101回全国高校野球選手権和歌山大会(紀三井寺球場)は26日、準々決勝の第1試合で神島が智弁和歌山に0―5で敗れた。
【26日】

●第1試合(準々決勝)
智弁和歌山
 002 000 021-5
 000 000 000-0
神島

 〔智〕小林樹、池田陽―東妻〔神〕岩間、左向―鈴木▽二塁打=根来、黒川2、徳丸(智)、鈴木(神)

 神島が昨年優勝の智弁和歌山を相手に後半まで食い下がった。ベスト8の原動力になった岩間、左向のエース2人で9回を投げ切った。

<記事全文を読む>