(埼玉大会=25日・県営大宮ほか)

 第12日は準々決勝4試合を行い、Aシード春日部共栄、Bシード山村学園、Cシード花咲徳栄、ノーシードの大宮東がそれぞれ勝って準決勝に駒を進めた。4強入りは、春日部共栄と山村学園が2年ぶり、花咲徳栄は5年連続、大宮東は3年ぶり。

 大宮東は河内、沢田、島村の継投でDシード市川越に3―0で完封勝ち。春日部共栄は6―3でCシード昌平の反撃を振り切った。三回に平尾の2点二塁打で先制し、その後は小刻みに加点した。

 山村学園は一回に小林が先制の2点本塁打を放つなど8―1の七回コールドで川越工に快勝。花咲徳栄は初8強の山村国際...    
<記事全文を読む>