【評】佐賀北が序盤から小刻みに得点を重ね、鳥栖との接戦を制した。

 佐賀北は初回、1番中村の三塁打と2番久保のスクイズで先制。二回は2死二塁から9番宮﨑の適時二塁打で1点を加えた。さらに四回2死二塁から宮﨑の内野安打と敵失で1点を奪い、七回にも1点を挙げた。主戦川﨑は粘りの投球で鳥栖打線を6安打1点に抑えた。

 鳥栖は2点を追う二回、2死一、二塁から9番堀江の内野安打で1点を返した。1-3の五回に迎えた2死満塁の好機を生かせず、六回以降は打者3人ずつに抑えられた。

...    
<記事全文を読む>