8回に勝ち越した日大東北が郡山を10―8で振り切った。初回にリードを許した日大東北は3回、スクイズなど足を絡めた攻撃から一挙に6得点。7回には一時同点に追い付かれたが、8回に遠藤の勝ち越し適時三塁打で勝負を決めた。7回に5点差を追い付いた郡山だったが、終盤は打線が振るわず、好機を広げられなかった。

...    
<記事全文を読む>