そつなく得点を重ねた聖光学院が、終盤に追い上げた学法福島を5―3で振り切った。4回に先制した聖光学院は6回、三原の本塁打と清水の適時二塁打などで、3点を奪い、試合の主導権を握る。学法福島は8回に印部の適時三塁打などで3点を返し2点差に詰め寄ったが、聖光学院の継投を崩せず及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>