「がばい旋風」を再び‐。第101回高校野球選手権佐賀大会決勝が25日、佐賀市であり、佐賀北が鳥栖を破り、5年ぶりの甲子園出場を決めた。監督は2007年に佐賀北のエースとして甲子園初優勝を果たした久保貴大さん(30)。かつての自分たちのように、試合を重ねるごとにたくましさを増した後輩たちの胴上げを受け「当時と同じくらいうれしい」と指揮官は言葉を詰まらせた。

 07年の甲子園では全7試合に登板して優勝に貢献。無名校の快進撃は「がばい旋風」と騒がれた。大学進学後、社会人野球に進んだが指導者としての道を模索。高校教師となり母校に着任し、甲子園に3度導いた恩師の百崎敏克さん...    
<記事全文を読む>