希望、願い、焦り、嘆き…。さまざま感情が交錯する異様な空気にスタジアムは満ちていた。

 県相打線が目覚めたのは5点を追う七回だ。1死満塁の好機で中野の適時打、風間の左翼線二塁打で3点。これでたまらず横浜はプロ注目の左腕及川を投入してきた。

 「このためにやってきた。やってやる」

 名門のエース登場にも県相ナインは引くどころか喜々として応戦した。四球を挟み、高橋が初球をたたく右前打でついに振り出しに。及川は制球力に難があることを念頭に、ベルト下付近の甘いゾーンに入ってくる球に狙いを絞っていたという。
<記事全文を読む>