第101回全国高校野球選手権和歌山大会(紀三井寺球場)は25日、準々決勝で熊野が箕島に7―2で逆転勝ちし、準決勝へ進んだ。熊野のベスト4は23年ぶり4回目。

【25日】

●第1試合(準々決勝)

箕島
 000 200 000―2
 000 010 06×―7
熊野

 〔箕〕岩鼻、山本―武内
 〔熊〕久保―太田寛
 二塁打=尾﨑(箕)、久保、丸山(熊)

 熊野は3試合連続で先発した1年生投手の久保が変化球を主体に力投。...    
<記事全文を読む>