【全国高校野球選手権福井大会準決勝 丹生3―0福井工大福井】

 丹生の快進撃が止まらない。強豪シード校を連続で撃破し、夏大会は初となる決勝へ進んだ。息詰まる投手戦を投げ抜いた玉村昇悟主将は「実感が湧かない」と驚きつつも、笑顔を見せた。

 両者無得点で迎えた八回裏。先頭の武藤勇次が右前に安打を放ち「流れをつくった」(春木竜一監督)。川口駿介の犠打で1死二塁とすると、打順は準々決勝の啓新戦でサヨナラ打を決めた来田達磨。指揮官が「思い切りのいい選手」と評する2番打者は、今試合でも「自分が決めよう」と奮起した。

 初球を捉えた打球は中前に飛び、1点を先制。兄...    
<記事全文を読む>