第101回全国高校野球選手権山形大会は24日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で決勝を行い、鶴岡東が山形中央を11―7で下し、3年ぶり6度目の優勝を果たした。鶴東は兵庫県の阪神甲子園球場で8月6日に開幕する全国大会への出場権を手にした。

 両校の決勝での対戦は2016年の第98回大会以来で4回目。鶴東は1点を追う三回に3番山下陽生の適時三塁打で同点とすると、失点直後の四回にも8番宝田健太の左前適時打で追い付いた。五回には相手守備の乱れから好機を広げ、3連続死球に、8番宝田、9番影山雄貴、1番河野宏貴の連続適時打で一挙7...    
<記事全文を読む>