3季連続の甲子園出場を決めた八学光星。走攻守そろった大型遊撃手として注目を浴びる武岡龍世主将(3年)は、同校出身のプロ野球選手・坂本勇人選手(巨人)2世とも呼ばれる逸材。この春からどん底の不調に陥っていたが、ここ一番、家族の支えで調子を取り戻し、聖愛との決勝では、猛打の口火を切る活躍でチームを優勝に導いた。念願の全国制覇、そして憧れの坂本選手に少しでも近づく-。熱い思いで、自身3度目の甲子園に挑む。

...    
<記事全文を読む>