第101回全国高校野球選手権岡山大会第10日は23日、倉敷市のマスカットスタジアムと市営球場で3回戦の残り4試合が行われ、翠松、岡山東商、創志学園、倉敷商が勝って8強が出そろった。

 翠松は計24安打が飛び交った岡山工との打撃戦を8―7で制し、初の準々決勝進出。岡山東商は左腕2人による継投でAシードの光南を4―1で破った。創志学園は古城池に10―0、倉敷商は玉野商工に15―1でともにコールド勝ちを収めた。

 第11日の24日は準々決勝2試合がマスカットスタジアムである。

 ▽3回戦

岡山東商 粘り勝...    
<記事全文を読む>