市川越は三回までに瀬良の2ランなど3得点。3-2の七回は高橋の適時打など2点を追加した。浦和実は八回に2点を返したが、及ばず。

 5安打で5得点。Dシード市川越がAシード浦和実の11安打を大幅に下回る安打数にもかかわらず、1点上回った。「打てなくても、やりようはある。勝つにしても、負けるにしても1点差だと思っていた」。予想を良い方に的中させた新井監督は、疲れ切った表情ながら充実感を漂わせた。

 六回終了後のグラウンド整備を3-0で迎えた市川越。終盤にめまぐるしく試合が動き、浦和実に猛追を浴びたが、結局は六回までにわずか2安打で奪った序盤の3点がものをいった。 <記事全文を読む>