第11日は5回戦8試合を行い、8強が決定した。Dシード市川越が5―4でAシード浦和実に勝利。ノーシードの山村国際は11―7で市浦和を下し、初めて8強入りした。

 ノーシードの大宮東は、Dシード上尾に3―2で逆転サヨナラ勝ち。川越工は5―0で鴻巣に完封勝ちし、Cシード昌平は6―0でDシード聖望学園を退けた。昨秋から3季連続の県大会優勝に挑むAシード春日部共栄は、6―0で武南に快勝。5年連続の甲子園を目指すCシード花咲徳栄はDシード所沢商に13―2で六回コールド勝ちし、Bシード山村学園はDシード熊谷商を4―1で下した。

 第12日は25日、県営大宮と市営大宮で準々決...    
<記事全文を読む>