第101回全国高校野球選手権茨城大会第13日は24日、ノーブルホーム水戸で準決勝の霞ケ浦-水城、常磐大高-水戸商の2試合を行う。4強入りは霞ケ浦が7年連続、水城は6年ぶり、常磐大高が12年ぶり、水戸商は2年連続。Aシードで勝ち上がったのは水戸商だけだった。第1試合は午前9時、第2試合は同11時半に開始予定。

県高野連は24日午前7時から試合終了後約1時間後まで、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム第5駐車場(水城高野球場隣)を臨時駐車場として開放し、同駐車場と同球場近くの水戸桜ノ牧高前の間で無料シャトルバスを約20分間隔で運行する。

準決勝2試合はNHK総合テレ...    
<記事全文を読む>