第101回全国高校野球選手権福井大会第7日は7月24日、福井県営球場(福井市)で準決勝2試合を行う。第1試合(午前10時開始予定)では第1シードの福井工大福井に、28年ぶりに夏の福井大会4強入りを果たした丹生が挑む。第2試合(午後1時予定)は福井商業ー敦賀気比の名門対決。2試合とも激戦が予想される。

 丹生は初戦の武生商業戦に6-2で勝利すると、藤島を7-0(八回コールド)で破り2回戦突破。準々決勝では今春のセンバツ出場校・啓新を延長戦の末、サヨナラ勝ちを収めた。3試合とも先発したのはプロ注目左腕の玉村昇悟。これまで24回と3分の1を投げ、啓新戦では10回をひとりで投げきっ...    
<記事全文を読む>