第101回全国高校野球選手権山形大会は第10日の23日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で準決勝2試合を行う。3年ぶりの頂点を狙う鶴岡東と初制覇を目指す山形工が激突し、5年ぶりの優勝を視界に捉える山形中央と24年ぶりの栄冠をうかがう東海大山形がぶつかる。

【第1試合 鶴岡東―山形工】総合力対勢いの打線
 鶴岡東は2年連続、山形工は17年ぶりの準決勝となる。投打に総合力の高さを示して危なげなく4強入りした第1シードの鶴東に分があるが、山工はノーシードから勝ち上がった勢いがある。安定感のある鶴東投手陣を、好調な山...    
<記事全文を読む>