【評】東北が逃げ切った。三回に敵失と西田の適時打で計2点を先取すると、四、七回にも追加点を挙げた。仙台商は九回、東北投手陣の乱調に乗じて2点差まで迫ったが届かなかった。

 ▽4回戦(仙台市民)
仙台商000000102=3
東 北00210020×=5

 東北は右腕紫葉(しば)が窮地を救った。
 4点リードで迎えた九回、投手陣が突然崩れた。三つの四球で満塁にすると、暴投で1点、内野ゴロの間に2点目を献上。あっという間に2点差まで迫られる。続く千葉は死球。2死一、三塁で打席には4番赤間。長打が出れば同点...    
<記事全文を読む>