第101回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は22日、長崎市の県営野球場と佐世保市総合グラウンド野球場で3回戦3試合があった。

 海星は中盤の五回、六回に村上の3点本塁打などで大量点を挙げ、シード佐世保実との打撃戦を制した。長崎商は桝屋の好投で鹿町工に五回コールド勝ち。雨で一時中断した長崎総合科学大付―長崎東は、長崎総合科学大付が長崎東の追い上げを振り切った。

 佐世保市総合グラウンド野球場で予定された創成館―島原農は雨のため、23日に県営野球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>