◆高校野球福岡大会5回戦:福岡大大濠5-2祐誠(22日・北九州市民球場)

 福岡大大濠が祐誠を5‐2で破り、8強進出を決めた。4回戦の門司学園戦で本塁打を放った6番山城がこの日も好調。4回に左前へ先制適時打を放てば、7回にも左翼越えの適時二塁打で2打点の活躍を見せた。八木監督も「山城がいいところで打ってくれた」と目を細めた。3回戦までは不調だったが八木監督のアドバイスで打撃フォームをノーステップに変えて調子が上がってきた。山城は「次は九州国際大付の下村投手との対戦が楽しみ」と福岡ナンバーワン右腕との対戦を心待ちにしている。

...    
<記事全文を読む>