◆高校野球福岡大会5回戦:小倉工6-5福岡工大城東【延長11回】(22日・北九州市民球場)

 春夏計17度の甲子園出場を誇る小倉工が、逆転サヨナラ勝ちで3年連続8強入りを果たした。5番高橋駿介(3年)の適時二塁打で試合を決めた。

 小倉工が強豪私学を破り、古豪復活ののろしを上げた。1点を追う延長11回裏2死二、三塁。小倉工の5番高橋が左打席から4球目の高め直球を思い切り引っ張った。迷いのないフルスイングから放たれた打球は右翼を越え、2人の走者が生還。「自分で決めてやろうと思った」。通算本塁打26本の強打者のサヨナラ二塁打で勝負をつけた。

 2回に3点の...    
<記事全文を読む>