第101回全国高校野球選手権岡山大会第9日は22日、倉敷市のマスカットスタジアムと市営球場で3回戦4試合があり、金光学園、東岡山工、倉敷工、学芸館が準々決勝進出を決めた。

 金光学園は左腕伊藤が力投し、春の中国大会を制したAシードの関西に2―0で勝利。今大会初のタイブレークに突入した東岡山工―作陽は延長十三回、東岡山工が3―2でサヨナラ勝ちを収めた。倉敷工は興陽を5―0、学芸館は興譲館を9―0で下した。

 第10日の23日は両球場で3回戦の残り4試合があり、8強が出そろう。

 ▽3回戦

金光 完封劇...    
<記事全文を読む>