第101回全国高校野球選手権新潟大会は23日、ハードオフ・エコスタジアムで準決勝を行う。第1試合(午前10時)は日本文理-新潟が、第2試合(午後1時)は糸魚川-東京学館が対戦する。

 第1シードの日本文理は2年ぶり10回目の夏の甲子園出場に王手をかけられるか。機動力を生かして4強入りした新潟は1952年以来67年ぶりの決勝進出を狙う。昨夏に両校は4回戦で対戦し、新潟に軍配が上がった。

 糸魚川、東京学館はともに4度目の4強入り。糸魚川は勝てば、1988年以来31年ぶりの決勝となる。対する東京学館は初の決勝進出が懸かる。両校とも投手が原動力のチ...    
<記事全文を読む>