横浜12-0光明相模原

 今夏初先発となった横浜の背番号1及川が三塁を踏ませず2安打で5回零封と、着々と仕上げてきている。

 最速149キロを記録した速球はもとより、特筆は6三振のうち四つを変化球による見逃しで奪ったことだ。「スライダーを良い高さに収めることができた。ただ、四回に連打された2本目はそれが高く浮いた。ああいうのは命取りになる」。変化球でカウントが整えられず苦しむ悪癖を念頭に置いての手応えだ。

 唯一先頭を出した三回も、送りバントを際どいタイミングで二塁で封殺し、傷口を広げなかっ...    
<記事全文を読む>