第101回全国高校野球選手権岩手大会第10日は22日、盛岡市の県営球場と花巻市の花巻球場で準々決勝4試合が行われ、大船渡、一関工、黒沢尻工のノーシード公立3校と、連覇を目指す第1シード花巻東が4強入りした。

 主戦佐々木朗希(3年)を温存した大船渡は久慈との延長戦を制して13年ぶり、黒沢尻工は一関一に打ち勝ち36年ぶり、一関工は盛岡三との競り合いを制して3年ぶりの準決勝進出。花巻東は一関学院との私立校対決に勝利して2年連続のベスト4となった。

 23日は休養日。県営球場で第11日の24日に準決勝2試合、最終日の25日に決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>