高校野球宮城大会第9日は22日、仙台市民、石巻市民両球場で4回戦があり、仙台育英と柴田が8強進出を決めた。
 仙台育英は利府に5-1で快勝した。四回に先頭入江の中越えソロ本塁打で先制し笹倉のスクイズで1点を追加。六回に利府に1点を返されたが、直後の攻撃で小濃がソロ本塁打を放つなど差を広げた。投げては、六回途中から登板した鈴木千が利府の反撃を封じた。
 柴田は名取北を3-1で退けた。四回に1点を先制されたが、五回に千葉のスクイズで追い付くと、七回は2死三塁で千葉がバント安打を決めて三走をかえし勝ち越した。

 ▽4回戦
利  府00000...    
<記事全文を読む>