延長十回裏。2死一、三塁で打席が回ってきたのは飯山の九番、常田唯斗投手(二年)。「今大会無安打なので、目線とボールを近づけて振り抜こう」。バスターから放った打球は中前に。「公式戦で初」というサヨナラ打で、初の甲子園を決めた常田投手。「うれしくて言葉は何も出てこない」とさわやかな笑顔を浮かべた。

 父憲一さん(45)も前身の飯山北の主将だった。その父が監督を務めた少年野球チームで競技人生を始めた。高校進学の際は強豪の私学から誘いを受けたが、「(父と同じ地元の公立校を)甲子園に自分が連れて行く」と飯山を選んだ。

 この日はベンチで登板に備えた。六回途中、同点の場面で...    
<記事全文を読む>