第1シード明桜は再三の好機をものにできず、サヨナラ負けを喫し、2年連続で決勝で敗れた。

 大きな得点機は五回に訪れた。無死二、三塁とし、確実に先制点を取りに行ったスクイズが相手に読まれた。外されて飛び出した三走が挟まれてアウト。再びスクイズを試みたが、バットに当てられず無得点。輿石重弘監督は「先制できず、相手に流れを明け渡してしまった」と悔やんだ。

 輿石監督は「チャンスは何度もあったが、あと一本が出なかった。だが負けたのは監督の責任」と選手をかばった。

...    
<記事全文を読む>