第101回全国高校野球選手権大分大会第13日は21日、別大興産スタジアムで3回戦の残り3試合が予定されていたが、雨でまたしても中止になった。今大会の日程変更はこれで6回目。今後の日程は全て順延となり、決勝は27日になった。
 第1試合に予定されていた情報科学と豊南の一戦は、異例の4日連続中止となった。
 情報科学の赤嶺司監督は「夏はいろいろなことがあるが、それを乗り切ってこそ本当の勝利」ときっぱり。藤沢颯太郎主将(3年)は「こんな展開になるとは思わなかったが、気持ちは切れていない」と冷静だった。
 豊南の幸秀則監督は「選手の気持ちは切れていない。逆に精神的...    
<記事全文を読む>