3アーチを描いた東海大相模が今大会チーム最多の16得点。昨夏の準決勝で敗れた慶応に雪辱を果たした。

 初回の攻防で勝負は決した。1死満塁のピンチで三遊間を抜けそうなゴロを遊撃茂谷が逆シングルでつかみ、併殺を完成させた。「苦しんでいる投手を助けたかったし、相手を乗らせたくなかった」と茂谷。いきなりの好守で先制点を許さず、一気に流れを引き寄せた。

 「茂谷のプレーでいくしかないと思えた。初回から打線を爆発させる」。先頭鵜沼が高めのスライダーを逃さない。いきなり左中間席にぶち込んだ今大会チーム初アーチが、眠っていた打線を目覚めさせた。山村、西川がそ...    
<記事全文を読む>