21日に倉敷市営球場であった第101回全国高校野球選手権岡山大会2回戦の玉野商工―総社南で、玉野商工の1年生左腕長谷川康生投手が無安打無得点試合を達成した。長谷川投手は9奪三振で、1四球を与えたのみ。伸びのある直球と鋭いスライダーで相手打線に付け入る隙を与えなかった。

 岡山大会での無安打無得点試合は2015年の第97回大会で達成した朝日の岡本想大投手以来、6人目。完全試合は17年の第99回大会で大安寺の中村源太投手が初めて成し遂げている。

...    
<記事全文を読む>