第101回全国高校野球選手権静岡大会第4日は20日、草薙など8球場で2回戦16試合と、雨でノーゲームとなった菊川南陵-湖西の1回戦再試合を行い、シード4校全てが3回戦に駒を進めた。第1シードの浜松商は六回に6連打などで星陵を突き放して、コールド勝ち。昨夏の覇者で第5シードの常葉大菊川は九回に神谷建太朗の勝ち越し打が出て、磐田東に競り勝った。第4シード浜松工は、右腕杉田蒼希の好投で磐田南との接戦をものにし、第5シード浜松西は伊東をコールドで退けた。第5日は21日、草薙など8球場で2回戦の残り16試合を行う。

...    
<記事全文を読む>